銀行系カードローンの魅力と言えるのは、「総量規制の対象外になる」と言う点です。総量規制とは、申込者の年収に対して1/3を超える貸し付けを禁ずる規制のことで、規制対象となるカードローンを利用する場合には具体的な借入れ上限がある中で契約しなければいけなくなります。

例えば、100万円の借入れを希望する人の年収が250万円だった場合、規制対象カードローンでは250万円の1/3が借入れ上限となってしまうため、おおよそ80万円が借入れの上限となります。その為、希望する金額を借りることが不可能となってしまう訳ですが、この状況を打開できる可能性がある方法が「銀行系カードローンを利用する」と言うものです。

総量規制は「貸金業法」に対して影響する規制であり、それ以外の法律に対しては効果を発揮しません。銀行系カードローンは「銀行法」によって管理されている貸金業者となる為、規制の影響を受けることが無いので狙い目となります。

具体的な借入れ上限が設定されていないと言うことで、状況によっては年収200万円の人が200万円以上の借入れをすることも可能である為、年収に対して極端な高額借入れを希望する場合の筆頭候補となります。ただ、そういった状況になることは稀で、基本的には総量規制の範囲に収まる範囲で上限金額が設定されることになります。決まりでは無いものの、総量規制と言われているものではない融資カードローンだからと言って全く影響がないと言う訳ではありません。

Comments are closed.